[ 小児歯科 ]

子どもさん自らの「歯を大切にする気持ち」を育てます。 子供の歯は、溝が深くそこに食べカスが詰ってむし歯が進んでしまいます。 子供のむし歯予防は特に大切です。家庭ではできない奥歯のシーラントによる溝埋め、フッ素塗布を行い、定期的なお口の管理をお勧めします。お気軽にご相談くさい。 「歯」とのつきあいは、とても長いもの。子どもの時に「歯医者さんは痛くて恐い」という恐怖心を持たれてしまうと、大きくなっても痛くなるまで歯医者に通うことができなくなってしまい、大切な歯の健康を損なう可能性が高くなってしまいます。 子どもの頃の歯医者さんの印象はとても大切で、小児歯科医の責任はとても大きいと考えています。 ですので、子どもさんが自らの意思で診療台にあがってはじめて治療を開始します。 子どもさんの恐怖心が取れるまで、何度でもご来院ください。