入れ歯・義歯

入れ歯はステップを踏むほどに、より最密なものを作ることができます。
当院では、痛い・噛みにくい・外れる、といった入れ歯のお悩みを解決するため、何段階にも分けて精密な入れ歯を作っています。実際、装置で一度型取りを行い、その型からトレーを作製し、そのトレーを使いまた型取りを行います。
このように、手間はかかっても、幾度もの工程を経ることによって、間に入る材料が減り、重みで型が変形をせず、精密な型を取ることが可能となるのです。毎日、そして、長く使うものだからこそこだわった精密な入れ歯を作らせていただいております。

 

入れ歯の種類

部分入れ歯

ノンクラスプ義歯

部分入れ歯で、金属のバネが見えるなど、見た目が気になるというケースでは、「ノンクラスプ義歯」が適しているといえます。保険診療で作る入れ歯のでは、金属のバネ(クラスプ)が目立ってしまって嫌だとおっしゃる方もいらっしゃいます。そのようなケースでは、金属のバネが無い、ノンクラスプ義歯であれば、より自然な見た目が期待できます。また、残っている歯に金属のバネを引っかけることが無いため、他の歯への負担を軽減可能です。

総入れ歯

金属床
「金属床義歯」は、床の部分に金属を使うことで、床が非常に薄くて違和感を軽減でき、より話しやすい入れ歯です。薄くて違和感が少ないだけでなく、床が金属であることから、丈夫で壊れにくく、たわみや変形もありません。
また、食べ物や飲み物の温度が伝わりやすく、よりおいしく食べられる特徴があります。
また、セラミックなどの人工歯を使うため、歯部分の摩耗もほとんどありません。
精密入れ歯
痛い・噛みにくい・外れる、といった入れ歯のお悩みを解決するため、何段階にも分けて精密な入れ歯を作っています。実際、装置で一度型取りを行い、その型からトレーを作製し、そのトレーを使いまた型取りを行います。
このように、手間はかかっても、幾度もの工程を経ることによって、間に入る材料が減り、重みで型が変形をせず、精密な型を取ることが可能となるのです。毎日、そして、長く使うものだからこそこだわった精密な入れ歯を作らせていただいております。